宮城県富谷町で新築一戸建てを建てる

By | 2015年4月2日

今となっては、宮城県で、特に富谷町など仙台地域で新築一戸建てを建てる人は減ってきてしまっているかもしれません。
それでもそこで育ってきた人は仙台に残りたいという人が多いかもしれませんね。
そういった人が比較的地震の被害が少なかった富谷町で家を探しているのかもしれません。

そんな中、宮城県の人が一戸建てを建てるとしたら、どのようなところに気を配るべきでしょうか。

本日は、富谷町で新築一戸建てを勧めるセールスマン向けに、何をそうプッシュしたら、宮城県民をうまくくどき落とすことができるかをご紹介させていただきます。

まず、最低限で必要なのが防寒対策と耐震性ですが、その他に必要なものと言ったら、快適さです。

◆記事紹介:暖房の前にまず「断熱」失敗しない家づくりの常識

オール電化の暮らしがメジャーになりつつある中、そのオール電化を使いたいと思う人と、電気に縛られた生活をしたくないという人が出てきます。

この2種類の人たちに分けてしっかりとセールスを行わないといけないでしょう。

オール電化を使いたくないという人の理由をうまく聞き、理解し、相手の不安を解消させながら、オール電化を取り付けて行くのもまた良いかもしれません。

というのも、実はオール電化は大変安全なものとなっております。

例えば、電気は電気タンク(バッテリーのようなもの)に貯めておくことができます。

そのため、いざ停電になったときなんかも、通常通り自分の家だけ全てのライフラインが動きます。

もちろん電気を貯めた分のみですが、数時間は余裕でもちます。

他にも、電気回路が燃えない限り、家事になることはありません。

全て電気のため、そのような心配はありません。

お年寄りの多くなるこの時代、オール電化で万が一のトラブルを防ぐのは重要です。